BLOG

竹内文書の世界を旅する
三和導代のブログ
  • 再び北海道へ

    三和 導代 です。

     

    6月に引き続きまた北海道のアイヌの地を訪れまます。

  • インドネシアとのご縁

    三和 導代 です。

     

    先週は1週間ご無沙汰してしまいました。様々な動きの中で私...

  • マンガは時として真実を語る

    三和 導代 です。

     

    マンガ文化は全く無視できない存在です。日本の漫画は世界で...

  • CONTACT



    JAPANESE TEXT ONLY
    イベント報告

    三和導代です。2月9日(土)に東京の代官山のサロン・ドゥ・コロナで「アマテラス様」のお話をさせていただきました。この日は旧暦の大晦日に当たる日で、一年の節目として祝い祭りが繰り広げられました。日本古来の着物を召された方々の優雅な舞、祝詞、祭礼でのお香と古来の儀式が再現されました。

    アマテラス様、つまり皇統第22代、天疎日向津比身光天津日嗣天日天皇(あまさかりひむかいつひめみひかりあまつひつぎあめのすめらみこと)の時代は地球万国に大変動がおこり、土の海に陥落、人々が亡くなるという大変な時代でした。女皇は飛騨位山より天浮船で富山へ降り、神殿の再建、さらに万国五色人が王85名も参加し、大遷宮祭を行われました。女皇は羽衣と冠をつけ、限りなく美しいお姿だったそうです。女皇の前にはたくさんの人々が参集し歌と舞が繰り広げられました。当に今日の儀式のように・・・・・・・

    明日の新年からカメルーンに出発いたします。また報告させていただきます。

     

    次回の予告です。

    第10回世界漫遊紀行セミナー

    テーマは「エジプト編」3年ぶりに15日をかけてエジプトを1周したホットな体験をもとに、奥深いエジプトの真の歴史に迫ります。ピラミッドの玄室で一人だけの時空間という素晴らしいプレゼントを今回いただきました。

     

    3月9日(土)16時~18時 サロン・ドゥ・コロナにて

     

    お問い合わせと申し込みは、サロン・ドゥ・コロナのメールまたはHPからお願いします。

    E-mail: This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it

    http://www.salon-de-corona.com

     


     
    銀河新世紀あけぼのを祝うお祭り

    三和導代です。

    1月1日の新年が終わり、早立春となりました。

    明治維新前までは日本では旧暦のカレンダーで生活をしていました。旧暦では、2月9日が2012年の大晦日になります。

    この大晦日に、日本の神話での中心神となっている「アマテラス」について紐解きをしたいと思っております。

     

    銀河新世紀あけぼのを祝うお祭り

     

    開催日/時間

    2月9日(土)

    16:00~19:00

    主催 ■ 古(イニシエ)の季節(トキ)を寿ぐ鳳凰団寿之会 (ホウオウ ダンスノカイ)

    ■ センタナス、アンドロメダシリウス、プレアデス ロコ

    会費 お一人様 3,000円(お土産と軽食付)

    お問合せ  サロン・ドゥ・コロナ http://www.salon-de-corona.com/seminar.html

     


     
    第9回世界漫遊紀行の講座レポート

    イベント報告

     

    三和導代です。1月13日(日)に東京の代官山のサロン・ドゥ・コロナで第9回世界漫遊紀行セミナー、「メキシコとマヤ暦」が開催されました。マヤ暦の最終日、つまりマヤ暦の切り替えの時期となった2012年12月21日にマヤのウシュマル遺跡でセレモリーに参加した体験を紹介しました。頭には黄色のハチマキ、赤いベルト、右手に音のでる鳴り物、左手には香炉を持った参加客が集うウシュマルの魔法使いのピラミッドの前で行われたセレモニーは、遺跡でマヤのお祭りを禁止されているマヤの人々にとっては、未来においても再現することが困難な貴重なものだったに違いありません。その中で四方拝が執り行われるシーンは将に日本の古神道の姿を見ているかのようでした。

     

     

    マヤ暦のルーツとなった360日+5日の考え方は、現在のエチオピアカレンダーにも原型をとどめていますが、竹内文献には天神時代に1ヶ月が30日、そして12ヶ月、5日は五色人の祭日と取り決めがなされたという記録があります。現在の春分の日にあたる3月21日が天神時代には1月1日、つまり昼間が新年の始まりでした。今でもメキシコのチチイェンイッツァのピラミッドではククルカン(マヤの神様=龍神)が春分の日に姿を現します。

     

     

    またマヤの人々に蒙古斑がでるというのも日本人とのルーツを辿る上で大きなヒントとなります。竹内文書には須佐之男命と櫛稲田姫命の子である穂日命(ホヒノミコト)がホピ族となったという興味深い年表も残っています。

     

    次回の予告です。
    第10回世界漫遊紀行セミナー
    テーマは「エジプト編」
    3年ぶりに15日をかけてエジプトを1周したホットな体験をもとに、奥深いエジプトの真の歴史に迫ります。

    3月9日(土)16時~18時 サロン・ドゥ・コロナにて

    お問い合わせと申し込みは、サロン・ドゥ・コロナのメールまたはHPからお願いします。
    E-mail: This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it
    http://www.salon-de-corona.com

     







     
    << Start < Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next > End >>

    Page 10 of 18