BLOG

竹内文書の世界を旅する
三和導代のブログ
  • 最新の投稿から1週間が経ちました

    三和 導代 です。

     

    大変ご無沙汰してしまいました。4月より新しい環境の下で活動をしてお...

  • 虎塚古墳が公開

    三和 導代 です。

     

    春爛漫と言いたいところですが、毎日寒い日が続きますね。や...

  • 世界漫遊紀行セミナー

    29回世界漫遊紀行セミナー

  • CONTACT



    JAPANESE TEXT ONLY
    2016年7月イベント案内

    第26回世界漫遊紀行セミナー

    日本の6月、7月は梅雨の季節となります。同じアジアでもインドネシア、東ティモール、そして中央アジアは乾季で過ごしやすい季節となります。インドネシアのスマトラ島のパリサーン山脈は2004年にスマトラ沖大地震が頻発した場所ですが、竹内文書では皇統第8代と皇統第14代の天皇の御陵がある場所として記録が残っています。東ティモールは2002年にポルトガルから独立した新しい国です。やっと治安も安定してきました。そして中央アジアの中でキルギスに住むキルギス人は日本人そっくり、そしてキルギス語の中には日本語とそっくりな言葉の沢山あります。キルギスに口伝として伝わる民族叙事詩「マナス叙事詩」が19世紀になって初めて文字となりました。キルギスの先祖「マナス族」とイスラエルの失われた10氏族の「マナセ族」が同一民族であった可能性が強いことがわかってきました。この3カ国と日本とは一体どんな関係にあったのでしょうか。

     

    講師:三和 導代 http://takenouchi-documents.com/

    日時: 平成28年7月31日(日)

    14:00 開場   14:30 開演   17:00 終了

    場所: 〒153-0042  東京都目黒区青葉台1-5-2代官山IVビルB2F

    サロン・ドゥ・コロナ (エジプト大使館となり、代官山より徒歩5分)

    ☎03-6416-4765

    詳細と申し込みは、サロン・ドゥ・コロナへ電話またはメールにてお願いします。

    E-mail: This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it

    http://www.salon-de-corona.com/seminar.html

     

     


     
    2016年5月イベント案内

    第25回世界漫遊紀行セミナー

    南米の大河ラプラタ川はウルグアイ川、パラグアイ川、パラナ川の支流に分かれ、河口部には,ウルグアイの首都モンテビデオ、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスがあります。竹内文書には、皇統第12代のアシカビ天皇は南アメリカのロサリオ川という所に天空浮船で降りた記録があります。そこで当時天皇の志を無視し悪政をおこなっていた3国の王は天皇を殺そうとし逆にひね殺されてしまいました。それを知った南北アメリカの50人の王が一同に集まって、天皇に忠誠を誓い、改めて善政を貫く天皇を称え、「天の利(あめのり)、天の利(あめのり)」と称えました。このことからアメリ国と称するようになりました。つまりアメリカはこの古代の国名であるアメリ国からきたのです。アルゼンチンのロサリオに流れるパラナ川はパラグアイまで続きます。今回はこの大きな歴史の舞台となったのどかな南米の小国パラグアイ、ウルグアイ、そしてアルゼンチンへの旅に皆さまをご案内させていただきます。

     

    講師:三和 導代 http://takenouchi-documents.com/

    日時: 平成28年5月14日(土)

    14:00 開場   14:30 開演   17:00 終了

    場所: 〒153-0042  東京都目黒区青葉台1-5-2代官山IVビルB2F

    サロン・ドゥ・コロナ (エジプト大使館となり、代官山より徒歩5分)

    ☎03-6416-4765

    詳細と申し込みは、サロン・ドゥ・コロナへ電話またはメールにてお願いします。

    E-mail: This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it

    http://www.salon-de-corona.com/seminar.html

     

     


     
    2016年2月イベント案内

    第24回世界漫遊紀行セミナー

    2016年幕開けはエチオピアから始まりました。1月7日はエチオピアのクリスマスです。エチオピアのキリスト教はユダヤ教にも近い原始キリスト教です。エチオピア王国はアフリカで唯一3000年間続いた歴史を誇ります。初代の国王はイスラエルのソロモン王とシバの女王の間に生まれたメネリック一世です。また古都アクスムにはユダヤ人が探し求めている失われたアークが隠されているという伝説があります。1月7日のクリスマスは全国から巡礼者が徒歩にてラリベラに集まるという聖なる行事です。竹内文書には古代スメラミコトがエチオピアを巡幸し、盛大な歓迎を受けた記録も残っています。合わせて日本の自衛隊も派遣されているエチオピアの隣国ジブチの現状と竹内文書に残る歴史をご紹介いたします。

     

    講師:三和 導代 http://takenouchi-documents.com/

    日時: 平成28年2月20日(土)

    14:00 開場   14:30 開演   17:00 終了

    場所: 〒153-0042  東京都目黒区青葉台1-5-2代官山IVビルB2F

    サロン・ドゥ・コロナ (エジプト大使館となり、代官山より徒歩5分)

    ☎03-6416-4765

    詳細と申し込みは、サロン・ドゥ・コロナへ電話またはメールにてお願いします。

    E-mail: This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it

    http://www.salon-de-corona.com/seminar.html

     

     


     
    << Start < Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next > End >>

    Page 2 of 17