BLOG

竹内文書の世界を旅する
三和導代のブログ
  • 11月28日(土)「人類の神殿」by フェニーチェ氏 講演会

    三和 導代 です。

     

    今日はダマヌールの新刊本の出版記念講演のご案内です。イタリアのダマ...

  • 尊敬する元お医者様の嘘のような本当のお話し

    三和 導代 です。

     

    私は仕事柄、これまで様々な職業の方、様々な生き方の方とお付き合いさ...

  • いつまでもチャレンジ精神を忘れずに

    三和 導代 です。

     

    今日は私の母校が会場であったフランス語の検定試験の日でした。1年に...



  • JAPANESE TEXT ONLY
    第7回世界漫遊紀行の講座レポート

    イベント報告

     

    三和導代です。10月6日(土)に東京の代官山のサロン・ドゥ・コロナで第7回世界漫遊紀行セミナー、ガーナ編が開催されました。ガーナは私がかつて2年間仕事をしていた懐かしい国です。ガーナチョコレートのイメージしかないガーナですが、先月に取材したケープコースのお祭りや人生の最大の晴れの舞台であるお葬式など、身近な風習を中心にお話をさせていただきました。アシャンテ王国の王の象徴は黄金の玉座です。この黄金の玉座は天から下りてきたもので、まるで黄金色に輝く宇宙船のようです。今でもガーナ国内では玉座をチーフの象徴として大切に崇めています。

     

     

    竹内門書の世界の開いてみますと、上古第15代12世の天皇の御陵がアクラにあるという記録が残っています。12年前にアクラの天皇の御陵と思われる場所で撮影しました写真をご覧いただきました。上古15代の時代は18世まで続きますが、記録によれば9世から17世の天皇の御陵は海外に点在しています。

     

     

     

    次回の予告です。
    第8回世界漫遊紀行セミナー
    テーマは「韓国と檀君」
    姉のアマテラスに反抗し日本から追放されたスサノオは壇国(朝鮮)に向います。スサノオは妻を娶り、4人の子供の父となります。つまり朝鮮で建国神話に登場する檀君とスサノオは同一人物なのです。

    11月24日(土)16時~18時 サロン・ドゥ・コロナにて

    お問い合わせと申し込みは、サロン・ドゥ・コロナのメールまたはHPからお願いします。
    E-mail: This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it
    http://www.salon-de-corona.com

     







     
    第7回世界漫遊紀行 ガーナ編

    ガーナのアクラには上古第15代のスメラミコトの御陵があります。現在、この御陵は政府の重要機関が集まるオス地域の墓地の奥深まった所にあります。

    ガーナ最大の王国、黄金貿易で栄えたアシャンテ王国では一生一番の晴れ舞台は葬式でした。現在のガーナでもその伝統を受け継ぎ、毎週土曜日に盛大な葬式が各地で執り行われます。そのアシャンテ王国が最も神聖なものとして扱われているのが、王位を示す椅子、すなわち玉座です。これは宇宙からやってきた、そして天空を巡廻し、地上に降りてきた神聖なものです。

    この場面を目撃した人が描いた絵にはまさに大きなランプを付けた宇宙船が描かれています。この宇宙船すなわち玉座は各地に神聖なものとして残っています。

    映像を通して古代と現代のガーナをご覧いただきます。

     

    1. 日時:  平成24年10月6日(土)

    16:00~18:00

     

    2. 場所:  〒153-0042  東京都目黒区青葉台1-5-2代官山IVビルB2F

    サロン・ドゥ・コロナ (エジプト大使館右隣り)

     

    3. 申し込み、問い合わせ:電話:03-6416-4765

    E-mail: This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it

    http://www.salon-de-corona.com/

     

    4.   講師:    三和導代(みわみちよ)

    http://www.takenouchi-documents.com/

    アフリカ大陸を中心に世界100カ国以上に日本の龍神のお水を捧げる。2002年に高坂和導他界後、高坂の研究した竹内文書に興味を持ち研究、昨年からはHPを開設、世界に向けて超古代の日本、世界、宇宙の歴史を発信中。

    本業である旅行業に携わりながら、日本易道学校にて気学、手相、姓名学などのコースを終了、イーハトーブクリニックの萩原優先生よりABH(米国催眠療法協会)認定コース、退行催眠セミナーを終了する。様々な分野から、人間と宇宙との接点を追跡中

     

    5. 参加費: 3,000円

     

     


     
    和導祭報告

    三和導代です。今年の10月で高坂和導没後10年を迎えるに当たり9月16日、私の友人の太田昌代さんの作品で囲まれた代官山のサロン・ドゥ・コロナにて和導祭が執り行われました。開演直前には、一瞬でしたが、龍神登場とばかりにお清めの天の恵みが大地を覆う天候となりました。和導祭は林純一氏の和歌披講、高坂則輝の献香、内田力社長によるサヌカイト演奏で始まりました。

     

     

    講師には高坂が生前、親交がございました井出富美子先生、吉村南音后先生、中矢伸一先生をお迎えし、高坂とのエピソードを交えながらユーモア溢れるそして貴重なお話しをたっぷりとお聞かせいただきました。

     

     

    最後は瀬戸龍介さんと花世さんの詩GAIAにあわせての木村詢子先生の創作舞踊で閉めくられました。たくさんの方々にご参加いただきました。ありがとうございました。

     

     


     
    << Start < Prev 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 Next > End >>

    Page 16 of 22