BLOG

竹内文書の世界を旅する
三和導代のブログ
  • インドネシア・マラブ信仰

    三和 導代 です。

     

    インドネシアのスンバ島に来ました。スンバ島では8種の部族...

  • 久々のデンパサール

    三和 導代 です。

     

    インドネシアのバリ島のデンパサールに到着しまいした。毎年...

  • インドネシアへ

    三和 導代 です。

     

    8か月ぶりに海外に出ます。行先はインドネシアです。インド...

  • CONTACT



    JAPANESE TEXT ONLY
    8月6日 三和導代先生による講話「七夕について」

    旧暦の七夕を祝うお香席

    た な ば た こ う

    七 夕 香

    私たちにとって馴染み深い七夕は、日本固有の盆迎えの信仰が中国の星伝説や乞巧奠(きこうでん、きっこうてん)の風習と混ざり合ったものであります。織女(しょくじょ)・牽牛(けんぎゅう)の二神が降臨する夜に禊(みそぎ)を行い、翌日、天空に帰って行くときに穢れを持ち去ってもらう、と考えられておりました。


    笹に願い事を書いた五色の短冊を飾り、翌日それを川に流す風習があるのも禊の意味合いでした。


    短冊の五色の色はもちろん陰陽五行の五色、青(緑)・赤・黄・白・黒(紫)です。


    さて、今年の旧暦の七夕は、8月6日となっております。 この美しい星祭りを、まだ宵の内から静かに始めさせていただき、馥郁(ふくいく)たる薫りのファンタジーを織姫と彦星に想いを寄せて堪能していただきます。 また、今回も好評につき、超古代史研究家・三和導代(みわみちよ)先生による「七夕」についての様々なお話をしていただきます。


    どうぞ、お親しい方々をお誘い合わせの上、ご参加くださいませ。

     

    香道研究家 林 煌純

     

    <日時>

    8月6日(土) 旧暦の七夕 16:00~18:30

     

    <内容>

    一部 : 三和導代先生による講話「七夕について」16:00~16:45

    休憩 : 15分

    二部 : お香席「七夕香」 17:00~18:30

     

    七夕に因む香りを、回し香の作法で楽しんでいただきます。

     

    <場所>

    川口パークタワー 31階スカイラウンジ3107号室(エレベーター右)

    埼玉県川口市幸町1-7-1 JR京浜東北線川口駅東口、徒歩10分

    マンション入り口で「3107」と押して呼び出してください。

     

    <参加費>

    4,000円(お茶とお菓子付き)

     

    <お申し込み、お問い合わせ>

    E-mail: This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it

    お申し込み締め切り 8月3日(水)まで

     

     

     


     
    6月6日(月)皐月香の会 事後報告

    6月6日(月)旧暦の端午の節句を祝う皐月香の会が催されました。

     

    梅雨の合間の好天に恵まれ、和の会に相応しい気品ある着物姿のご婦人方、また日本文化に興味をお持ちのフランス人のミュージシャンの方にもご参加いただきました。

     

    まずは端午の節句の由来についてのお話し、そして香道は初めての経験の方もいらっしゃいましたが、終始和やかな雰囲気の中で、禅香道、種の聞香、和歌の披講と日本古来の伝統文化を楽しむ一日となりました。

     

     

     

     


     
    6月6日(月) 三和導代先生によるお話 「端午の節句について」

    旧暦の端午の節句を祝う香席

    (さつきこう)

    皐 月 香

     

    今年の旧暦の端午の節句は、新暦の6月6日というのも、実に面白い数合わせと云えましょう。

    本来の端午の節句が、一ヶ月遅れというのが正しいのです。

    端午の節句には、菖蒲を飾ったり菖蒲湯に浸かったりすることから、菖蒲の節句ともいわれます。

    菖蒲は邪気を祓い疫病を除くといわれ、お部屋に飾れば滞った気を浄めてくれるといわれている。

    また、端午の節句に薬玉を柱にかける習慣があり、麝香や沈香、丁字などの香り高く薬効のある植物を綿袋(または沈香袋)の中に入れて、五色の糸を長く垂らします。

    五色の糸はこいのぼりの吹流しと同じ青(緑)・赤・黄・白・黒(紫)で、陰陽五行に因んだ色で邪気を祓う霊力があると信じられています。つまり香りと色で邪気を祓い、魔除けのまじないをするのです。

    さて、この度の「皐月香(さつきこう)」では、邪気を祓う花の薫香を回し香の形式で楽しんでいただきます。 また、前半は、超古代史研究家・三和導代(みわみちよ)先生に「端午の節句」についての様々なお話をしていただきます。

    どうぞ、お親しい方々をお誘い合わせの上、ご参加くださいませ。

    香道研究家 林 煌純

     

     

    <日時> 6月6日(月)・旧暦の端午の節句 14:00~16:30

    <内容>  一部 :  三和導代先生によるお話 「端午の節句について」14:00~14:45

     

    休憩 : 15分

    二部 :  お香席「皐月香」 15:00~16:30

     

    今回は、組香は行わず、華やか季節の薫りの乾香を中心に回し香による聞香をたっぷりと楽しんでいただきます。

     

    <場所>  川口パークタワー 31階スカイラウンジ3107号室(エレベーター右)

    埼玉県川口市幸町1-7-1 JR京浜東北線川口駅東口、徒歩10分

    <参加費> 4,000円(お茶とお菓子付き)

    <お申し込み、お問い合わせ>

    This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it

    お申し込み締め切り 6月3日(金)まで

     

     

     


     
    << Start < Prev 11 12 13 14 15 16 17 18 Next > End >>

    Page 17 of 18