BLOG

竹内文書の世界を旅する
三和導代のブログ
  • エチオピア首相・ノーベル平和賞

    三和 導代 です。

     

    <...

  • 不法入国するエリトリア人

    三和 導代 です。

     

    エチオピアの北部にある古都ア...

  • 時が止まったエリトリア

    三和 導代 です。

     

    エリトリアの首都のアスマラにいます。1991年にエチオピアから独立...

  • CONTACT



    JAPANESE TEXT ONLY
    2019年10月イベント案内

    第7回  超古代縄文紀行セミナー

    アイヌ人が住む北海道には弥生文化はありません。続縄文文化、擦文文化、オホーツク文化、そしてアイヌ文化、和人文化という日本の本州とは異なった文化圏です。今回は青森や北海道の縄文遺跡から北海道の消えたオホーツク文化の代表的な遺跡である網走のモヨロ貝塚や常呂遺跡にスポットを当てたいと思います。また海外編では皇統第14代天皇が巡行した記録のある現在のエリトリアとエチオピアからの最新情報をお伝えする予定です。

    講師:三和 導代 http://takenouchi-documents.com/

    日時: 令和元年10月23日(水)

    14:30 開場   15:00 開演   18:00 終了

    会費:3,000円

    場所: 〒153-0042  東京都目黒区青葉台1-5-2代官山IVビルB2F

    サロン・ドゥ・コロナ (エジプト大使館となり、代官山より徒歩5分)

    ☎03-6416-4765

    詳細と申し込みは、サロン・ドゥ・コロナへ電話またはメールにてお願いします。

    E-mail: This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it

    http://www.salon-de-corona.com/seminar.html

     

     


     
    2019年7月イベント案内

    第6回  超古代縄文紀行セミナー

    6月はコンゴ共和国、そしてイタリアのダマヌールと2回の海外渡航となります。ダマヌールでは世界中の6000の民族の代表が出会う文化の豊富さと全宇宙においてとても重要な価値を持つ多様性を重視した「民族たちの神殿」(人類の神殿)を地下に建設しています。現在でも多様性を備えた先住民の調査研究をしています。それぞれに独自の言語、伝統や思想を 持っていますが、今日、彼らのユニークさは、それを認識しない国家に住んでいるために消え去ろうとしています。(ダマヌール資料より)コンゴ共和国にはまだ先住民であるピグミーが住んでいます。そして日本にはアイヌが。ピグミーとアイヌには大きな共通点があります。それは地球の自然界の恵みに感謝しながら恩恵を受けながら古代からの叡智を引き継いでいることです。旅の最大のテーマである先住民との出会いと学びをお伝えしたいと思います。

    講師:三和 導代 http://takenouchi-documents.com/

    日時: 令和元年7月17日(水)

    14:30 開場   15:00 開演   18:00 終了

    会費:3,000円

    場所: 〒153-0042  東京都目黒区青葉台1-5-2代官山IVビルB2F

    サロン・ドゥ・コロナ (エジプト大使館となり、代官山より徒歩5分)

    ☎03-6416-4765

    詳細と申し込みは、サロン・ドゥ・コロナへ電話またはメールにてお願いします。

    E-mail: This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it

    http://www.salon-de-corona.com/seminar.html

     

     


     
    2019年4月イベント案内

    第5回  超古代縄文紀行セミナー

    2019年に入り、エジプトそして西アフリカに旅をしてきました。そして今年はチベット、コンゴ、イタリア、エリトリアとまだまだ竹内文書の世界を巡る旅が続きそうです。驚くべきことに日本を発祥とした人々や文化が花咲いたお印が世界中に残っているのです。そしてその紐解きの中で、昨年出会いました宮下文書は竹内文書と一致する点が多く見られます。高坂和導が最後の書として手掛けていたのが竹内文書にも登場します「徐福」でした。宮下文書は徐福の子孫が編纂したものであると言われています。一体この時代に何が起こったのでしょうか。古文献の中に記される地の映像をご紹介しながら、秘められた日本の古代の歴史に迫ってみたいと思います。

    講師:三和 導代 http://takenouchi-documents.com/

    日時: 平成31年4月17日(水)

    14:30 開場   15:00 開演   18:00 終了

    会費:3,000円

    場所: 〒153-0042  東京都目黒区青葉台1-5-2代官山IVビルB2F

    サロン・ドゥ・コロナ (エジプト大使館となり、代官山より徒歩5分)

    ☎03-6416-4765

    詳細と申し込みは、サロン・ドゥ・コロナへ電話またはメールにてお願いします。

    E-mail: This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it

    http://www.salon-de-corona.com/seminar.html

     


     
    << Start < Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next > End >>

    Page 1 of 21