BLOG

竹内文書の世界を旅する
三和導代のブログ
  • 遮光器土偶とセクメト神

    三和 導代 です。

     

    青森県の亀ヶ岡を中心に発見されている縄文時代の遮光器土偶は現在、東...

  • ガーナの言語・チュィ語

    三和 導代 です。

     

    アフリカのガーナ共和国には様々な民族が共存していますので、文化や言...

  • 高坂和導手記③

    三和 導代 です。

     

    昨日に続き、ガーナ共和国のタマレでの高坂和導の手記をご紹介します。...



  • 8月6日 三和導代先生による講話「七夕について」

    旧暦の七夕を祝うお香席

    た な ば た こ う

    七 夕 香

    私たちにとって馴染み深い七夕は、日本固有の盆迎えの信仰が中国の星伝説や乞巧奠(きこうでん、きっこうてん)の風習と混ざり合ったものであります。織女(しょくじょ)・牽牛(けんぎゅう)の二神が降臨する夜に禊(みそぎ)を行い、翌日、天空に帰って行くときに穢れを持ち去ってもらう、と考えられておりました。


    笹に願い事を書いた五色の短冊を飾り、翌日それを川に流す風習があるのも禊の意味合いでした。


    短冊の五色の色はもちろん陰陽五行の五色、青(緑)・赤・黄・白・黒(紫)です。


    さて、今年の旧暦の七夕は、8月6日となっております。 この美しい星祭りを、まだ宵の内から静かに始めさせていただき、馥郁(ふくいく)たる薫りのファンタジーを織姫と彦星に想いを寄せて堪能していただきます。 また、今回も好評につき、超古代史研究家・三和導代(みわみちよ)先生による「七夕」についての様々なお話をしていただきます。


    どうぞ、お親しい方々をお誘い合わせの上、ご参加くださいませ。

     

    香道研究家 林 煌純

     

    <日時>

    8月6日(土) 旧暦の七夕 16:00~18:30

     

    <内容>

    一部 : 三和導代先生による講話「七夕について」16:00~16:45

    休憩 : 15分

    二部 : お香席「七夕香」 17:00~18:30

     

    七夕に因む香りを、回し香の作法で楽しんでいただきます。

     

    <場所>

    川口パークタワー 31階スカイラウンジ3107号室(エレベーター右)

    埼玉県川口市幸町1-7-1 JR京浜東北線川口駅東口、徒歩10分

    マンション入り口で「3107」と押して呼び出してください。

     

    <参加費>

    4,000円(お茶とお菓子付き)

     

    <お申し込み、お問い合わせ>

    E-mail: This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it

    お申し込み締め切り 8月3日(水)まで