BLOG

竹内文書の世界を旅する
三和導代のブログ
  • 愛する人を失った人からの電話

    三和 導代 です。

     

    昨晩は2時間近く電話である素敵な女性とお話をしました。高坂和導の知...

  • シャーマンをバカにしてはいけない

    三和 導代 です。

     

    今週、久しぶりに25年以上お付き合いのある、私と何度もアフリカの旅...

  • 日本語が地球の共通語であった

    三和 導代 です。

     

    袋井におります。昨日のホテルは私の誕生日と同じ番号で、あれっと思い...



  • 第7回世界漫遊紀行 ガーナ編

    ガーナのアクラには上古第15代のスメラミコトの御陵があります。現在、この御陵は政府の重要機関が集まるオス地域の墓地の奥深まった所にあります。

    ガーナ最大の王国、黄金貿易で栄えたアシャンテ王国では一生一番の晴れ舞台は葬式でした。現在のガーナでもその伝統を受け継ぎ、毎週土曜日に盛大な葬式が各地で執り行われます。そのアシャンテ王国が最も神聖なものとして扱われているのが、王位を示す椅子、すなわち玉座です。これは宇宙からやってきた、そして天空を巡廻し、地上に降りてきた神聖なものです。

    この場面を目撃した人が描いた絵にはまさに大きなランプを付けた宇宙船が描かれています。この宇宙船すなわち玉座は各地に神聖なものとして残っています。

    映像を通して古代と現代のガーナをご覧いただきます。

     

    1. 日時:  平成24年10月6日(土)

    16:00~18:00

     

    2. 場所:  〒153-0042  東京都目黒区青葉台1-5-2代官山IVビルB2F

    サロン・ドゥ・コロナ (エジプト大使館右隣り)

     

    3. 申し込み、問い合わせ:電話:03-6416-4765

    E-mail: This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it

    http://www.salon-de-corona.com/

     

    4.   講師:    三和導代(みわみちよ)

    http://www.takenouchi-documents.com/

    アフリカ大陸を中心に世界100カ国以上に日本の龍神のお水を捧げる。2002年に高坂和導他界後、高坂の研究した竹内文書に興味を持ち研究、昨年からはHPを開設、世界に向けて超古代の日本、世界、宇宙の歴史を発信中。

    本業である旅行業に携わりながら、日本易道学校にて気学、手相、姓名学などのコースを終了、イーハトーブクリニックの萩原優先生よりABH(米国催眠療法協会)認定コース、退行催眠セミナーを終了する。様々な分野から、人間と宇宙との接点を追跡中

     

    5. 参加費: 3,000円