BLOG

竹内文書の世界を旅する
三和導代のブログ
  • エチオピア首相・ノーベル平和賞

    三和 導代 です。

     

    <...

  • 不法入国するエリトリア人

    三和 導代 です。

     

    エチオピアの北部にある古都ア...

  • 時が止まったエリトリア

    三和 導代 です。

     

    エリトリアの首都のアスマラにいます。1991年にエチオピアから独立...

  • CONTACT



    第11回世界漫遊紀行の講座レポート

    イベント報告

     

    三和導代です。2ヶ月ぶりに5月19日(日)東京の代官山のサロン・ドゥ・コロナで第11回世界漫遊紀行セミナー、「ヌビア編」が開催されました。今回は3月に旅しましたスーダンからエジプトでの映像をご覧いただきました。前日18日にガボンから帰国、時差ぼけが残る状態でしたが、はるばるこのお話しのために遠方からお越しくださった方々には本当に頭が下がる思いでした。

     

    今回のテーマのヌビアとはエジプトのアスワンからスーダンの首都ハルツームまでのナイル川沿いの地域名です。紀元前のクシュ王国時代にはエジプトのピラミッド文化の影響を受け、各地に王、王妃、貴族、高貴な人々のお墓としてピラミッドが建設されました。砂岩でできているために、風化が進み、エジプトのピラミッドの状態ではありませんが、いくつか残っているピラミッド内のミイラが安置される部屋のレリーフを見ますと、来世での復活を願って旅するための船と太陽が描かれている点では共通しています。

     

    竹内文書では上記4代、6代、25代の時代に天皇が行幸、また任命されたスーダンの国司が天皇に挨拶に日本に出向くという記録も残っています。また現在のヌビアは古代のスーダンの国司の名前から取られた地名であることが理解できます。

     

     

    次回の予告です。
    第12回世界漫遊紀行セミナー
    テーマは「アマゾンのヤノマミ族」
    この4月に行ってきましたアマゾンに住むヤノマミ族の村での生活体験をお話させていただきます。今でも狩猟で得た魚と肉、キャッサバ、森の果物を食べ、ハンモックで寝て・・・家族と密着した生活を大切にし、また旅が大好きな民族ヤノマミ族の映像とお話しをさせていただきます。久々に湿気と虫との戦いの毎日でしたが、妙に親近感のある人々でした。驚いたことに赤ちゃんのお尻には蒙古斑もありました。さて、日本人とどんな関係があるのでしょうか。



    7月20日(土)16時~18時 東京・代官山のサロン・ドゥ・コロナにて

    お問い合わせと申し込みは、サロン・ドゥ・コロナのメールまたはHPからお願いします。
    E-mail: This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it
    http://www.salon-de-corona.com