BLOG

竹内文書の世界を旅する
三和導代のブログ
  • 11月28日(土)「人類の神殿」by フェニーチェ氏 講演会

    三和 導代 です。

     

    今日はダマヌールの新刊本の出版記念講演のご案内です。イタリアのダマ...

  • 尊敬する元お医者様の嘘のような本当のお話し

    三和 導代 です。

     

    私は仕事柄、これまで様々な職業の方、様々な生き方の方とお付き合いさ...

  • いつまでもチャレンジ精神を忘れずに

    三和 導代 です。

     

    今日は私の母校が会場であったフランス語の検定試験の日でした。1年に...



  • JAPANESE TEXT ONLY
    第5回世界漫遊紀行の講座レポート

    イベント報告

     

    三和導代です。6月23日(土)に東京の代官山のサロン・ドゥ・コロナで第5回世界漫遊紀行セミナーが開催されました。今回はアルジェリア編、上古2代13世、上古16代13世の天皇が神葬されたアルジェは、現在はアルジェリアの首都名となっています。このアルジェリアの南部のサハラ砂漠のタッシリナジェールには今から1万年前位前からの岩絵が残っています。車もラクダも立ち入ることができないタッシリ台地に足を踏み入れると、サハラ砂漠が緑豊か大地であった狩猟時代の様子が描かれた岩絵を今でも目にすることができます。その中でも有名なのは「白い巨人」です。天に向い両手を挙げる人間?宇宙人?は一体何を表しているのでしょか。月面のような大地の上は時が止まったまま、地球とかけ離れた場所としか表現しようのない空間です。三和が撮影しました数々の写真をじっくりご覧頂きました。

     

     

     

    次回の予告です。

    第6回世界漫遊紀行セミナー
    テーマは「世界に活躍する五色人」
    現在でも、鯉のぼりやオリンピックの五輪の輪などにも名残が見られます。超古代において日本から世界中に散って活躍した五色人の軌跡をたどります。

     

    イベントの詳細はこちらからご覧いただけます

     

    7月28日(土)16時~18時 サロン・ドゥ・コロナにて


    お問い合わせと申し込みは、サロン・ドゥ・コロナのメールまたはHPからお願いします。
    E-mail: This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it

    http://www.salon-de-corona.com







     
    講座レポート

    イベント報告

     

    三和導代です。5月20日(日)竹内文書勉強会が川口パークタワー31階のサロンにて開催されました。今回は大津より光の炭を主宰されるマーリンさんのグループ8名様を初め、16名様のご参加をいただきました。この16という数字は、上古第二代・造化気万男身光天皇(ツクリノシキヨロヅヲミヒカルスメラミコト)の時代に日本を中心として世界を16方位に分割して神々を祀り、皇子を配置して統治させたという記録にでてきます。この16方位、16人の皇子を表すのが、十六菊花紋です。この紋章は天皇家のシンボルであると同時に、世界を表現しています。

     

    今回は上古一代・天日豊本葦象気皇主見光天津日嗣天皇ことアシカビ天皇の神葬記録を追ってみました。世界各国に拡散する御陵は、今でも聖山とされる高い山々に見られます。二十一世続く天皇はエベレスト山脈、アルプス山脈、シェラネバダ山脈、パミール高原、富士山など標高の高い山の峯に神葬されました。また埋葬地は神勅により定められました。何万年、何十万年、何千万年経過しても、その地は今でも聖地として崇められた清い場所です。私は旅をプロジュースするのが仕事ですが、このような聖地巡りは国内外を問わず、実践されましたら最高級の旅になると確信しています。

    上古第1代19世神葬 須走

     

    訂正とお詫び
    次回のセミナーの予定です。テーマを変更させていただきました。
    第5回世界漫遊紀行セミナー
    テーマは「アルジェリア編」
    アルジェリアの首都であるアルジェは上古第二代・造化気万男身光天皇の16人の皇子のひとりであるヨイロバアダムイブヒ赤人女祖民氏の子孫であるアルジェ氏が居住したことから名付けられた地名です。また上古第六代十五世天目降主天皇の御陵の記録もあります。
    現在、アルジェリアのナジェールの台地には、「白い巨人」と言われる摩訶不思議な岩絵が残っていますが、その姿は宇宙人ではないかとも言われています。ここは徒歩でしか登れない秘境中の秘境の台地です。今回は遺跡、砂漠、岩絵と実際に撮影した映像と共に、アルジェリアの旅をしながら、超古代の歴史を探っていきます。

    6月23日(土)16時~18時 サロン・ドゥ・コロナにて

    お問い合わせと申し込みは、サロン・ドゥ・コロナのメールまたはHPからお願いします。
    E-mail: This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it

    http://www.salon-de-corona.com







     
    第4回世界漫遊紀行の講座レポート

    イベント報告

     

    三和導代です。4月21日(土)第4回世界漫遊紀行セミナーが東京・代官山のサロン・ドゥ・コロナで開催されました。今回は以前のテーマとは少し異なり、景行天皇から6代の天皇の大臣職を歴任した武内宿禰にスポットを当てました。

     

     

    武内宿禰の顔入りの紙幣は明治時代にも発行されていましたが、現在は歴史の教科書からも抹消されています。昭和53年に発行された「日本の真相」(林信二郎先生著)に詳細は記されていますが、武内宿禰は世界中を船と天空浮船で28年間万国を巡廻しました。超古代において天皇(スメラミコト)が天空浮船で万国を巡幸した記録は沢山残っていますが、ヤマト朝の時代では最後の天空浮船での万国巡廻の記録となってしまいました。つまり天変地異により、日本の国力が弱り、世界天皇から日本天皇としての時代になってきたのです。武内宿禰は今から1,900年位前に日本の青森の今別を出航し、28年後に福岡県の宗像に戻ります。この間、中国からインド、中東、アフリカ、ヨーロッパ、シベリアからアラスカ、北米、南米、オセアニアからインドネシア、ベトナム、再び中国と世界中を82人もの人々を連れて巡廻したのです。夢のような壮大な記録です。もともと天皇の血縁を引く武内宿禰ですが、当時の天皇の影の実力者として当時の日本を動かした人でした。上記の本「日本の真相」は残念ながら現在、絶版で入手不可能ですが、目からウロコというべき貴著です。

     

    次回のセミナーの予定です。
    第5回世界漫遊紀行セミナー テーマは「上古1代アシカビ天皇の万国巡幸と神葬」
    6月23日(土)16時~18時 サロン・ドゥ・コロナにて
    お問い合わせと申し込みは、サロン・ドゥ・コロナのメールまたはHPからお願いします。
    E-mail: This e-mail address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it http://www.salon-de-corona.com







     
    << Start < Prev 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 Next > End >>

    Page 18 of 22